身近なじゅうたんの大切さ

くつろぐということ、それは毎日の生活で、日常的に行うことです。
じゅうたんの上でくつろぎ、体、心を癒すというのは、毎日の活力を生ませるうえで、ひじょうに重要なことだと思うのです。
くつろげる空間といったものは、少しの変化を加えることによって、作り出すこともできます。
例えば、なにもないフローリング、ここでくつろごうと思っても、固い床と、冷たさを肌に感じ、あまりくつろげないかもしれません。

そにじゅうたんを一枚敷きます。
すると、じゅうたんを敷いた前と後では、肉体的にも精神的にも、くつろぐということのできる環境に、近づけれるのだと思います。
たった一つの行動なのです。
それはじゅうたんの色からも、くつろぐという効果を上げることができます。
人それぞれ落ち着く色、柄があると思います。
そしてじゅうたんを買う時に、くつろげる柄、色を選ぶというそのたった一つの行動が、またさらにくつろぎ効果をあげているということになるのです。
くつろぎ空間を作り出すというのは、一歩一歩コツコツと自分の感覚に合ったものを選ぶということなのかもしれません。
じゅうたん一つにしても、様々な種類のものが存在すると思います。
それだけ多くの種類が存在するということは、人は毎日の生活に密接なくつろぎというものに、興味があり、そして少しでもくつろぎの空間を、くつろぎの効果をあげたいという心のあらわれだと、私は思うのです。
身近な物で大切なものはたくさんあります。
冬なら毛布はとても大切です。
毛布があることによって、私はこれまでに何度寒さをしのいだことかわかりません。
そして座布団、これによって私は何度体を、心をリラックスさせたことでしょう。
そして今身につけている私の衣服、寒さや風から体を守るだけでなく、ファッションという楽しさまでをも与えてくれます。
そして今私の下にはじゅうたんが敷いてあるのです。

私はじゅうたんが敷いてあることを、意識しないときがほとんどです。
それは私にとってじゅうたんがあまりに身近だからです。
しかし、今私のいる場所からじゅうたんがなくなれば、私はきっとすごく不便に感じるのでしょう。
大切なものというのは、普段身近にあり、何気ないものだったりするのです。
じゅうたんというのはまさに私にとって大切なもので、なくてはならないものです。
普段じゅうたんをなんの意識もせずに使っていますが、ふと自分がじゅうたんの上にいるということに気づいたとき、心の中でじゅうたんにありがとうという気持ちを持つことが、私のじゅうたんに対する敬意の表し方だと思うのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*